わきが治療の基本


わきがに悩んでいる人は少なくありません。
今回はわきが治療のためのわきがの基本情報についてご紹介します。


「わきが」と聞いて、皆さんどの様に感じるでしょうか?
わきがとは、ワキの下の汗が大きな原因になって発生する不快臭のことなのです。
しかし、わきがは自分では気づかないものです。
これによって知らない間に他人に迷惑をかけてしまうこともあります。
また、現代ではわきがによって他人に迷惑をかけてしまうことよりも、
他人に意識されているのではないかと自分で必要以上に意識してしまったり、
それによって悩んでしまう方も多くいるでしょう。


わきがなどニオイの悩みがあると、憂鬱になってしまったり、
先ほども述べているようにコンプレックスと感じる方もいるでしょう。
また、多汗症においても、大量に汗をかいてしまうことや、
それが原因で起こる汗臭さ・黄バミなどで悩んでいる人は少なくありません。
わきがとは現代人特有の悩みではないでしょうか?


ネット上には色々なわきが治療のための情報が掲載されています。
まずは、自分で色々と調べ、色々と実行してみるといいでしょう。
病は気からといいますし、思い悩むのは体に良くありません。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきがのレーザー治療とは?




わきがの原因は複数あり、状況によって治療方法を変える必要があります。
最近では、「皮膚切除法」「吸引法」「超音波法」といった多彩な治療法が登場し、
それぞれに特徴があるようです。
今回は、わきが治療の一つ「レーザー治療」についてご紹介します。


わきがのレーザー治療は美容外科で脱毛のときに使われているレーザー治療を応用したものです。
ワキの下にレーザーを照射してわきがの原因となる汗腺を1つ1つで破壊していく治療法です。
以前のレーザー治療では汗腺を完全に破壊するのが困難だったため、
手術してもわきが臭が残るということがあったようですが、
最近では1つ1つ目視で破壊していくので効果は高いようです。


また、メスを使用しないため、傷跡が残る心配もありません。
スソわきがの方、デリケートな部分の治療でも安心して手術を受けられます。
治療時間は両脇20分くらいで、治療後すぐに帰宅可能です。
激しい運動は控えた方がもちろん良いのですが、翌日より支障なく仕事、学校に復帰できます。


ただしこれも完全にわきがの悩みから解放されるわけではないようです。
しかし、最近では照射面が四角のものもあるのでこの問題は解決されつつありますが、
レーザーは円照射のためどうしても、隙間ができてしまいます。
当然隙間にはレーザーが当たらないため効果は薄くなってしまいます。


詳しい事は、医師に相談してみて下さい。
カテゴリ:わきがのレーザー治療

ブックマーク by SEO対策

多汗症が原因のわきが治療法とは?




わきがの原因は様々ですが、多汗症が原因のケースがかなり多いようです。
今回は、わきがの基本情報や、治療法などについてご紹介します。


わきがは、別名「臭汗症【しゅうかんしょう】」「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれている、
特別強いニオイ(すえたような酸っぱいニオイ)を発する症状ですが、
決して病気ではありません。アポクリン汗腺の量が通常よりも多く、働きが活発なために起こります。
わきがはアポクリン汗から発生するニオイで、多汗はエクリン汗が大量に放出される症状を指します。
いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものであり、わきがのニオイとは別物です。


わきがは多汗症が原因で発生するケースが多いようです。
多汗症を大別すると、わきが型と精神性発汗型の2種類があります。
わきが型多汗症の場合は、ニオイと汗の両方が気になるケースや、
ニオイはさほど気にならなくても、わきの下から汗がダラダラと滝のように流れたり、
下着や洋服のわき部分が黄ばんだり、汗じみが気になるなどのケースがあります。


暑いときや運動したときに大量の汗をかく、いわゆる「汗かき」は、
生理的多汗であって、多汗症ではありません。
精神性発汗型多汗症は、主に不安や緊張から大量の汗を一度にどっとかく症状で、
わきの下だけでなく、手のひら、足の裏、顔などに局所的に発症します。
手足の多汗症治療法には、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用、
緊張をほぐして気持ちを鎮めるための心理的療法などがあります。
ほかにも、内科系疾患に起因する多汗症や、更年期障害におけるホットフラッシュ
(のぼせ)によって起こる多汗症(ホルモンバランスの崩れから自律神経の働きが乱れ、
体温調節機能がうまくいかなくなる)があります。


多汗症の治療は、マイクロレーザー法などが有名です。
詳しくは医師などに相談してみるといいでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

わきがの超音波治療とは?




わきがの臭いで悩む人は少なくありませんが、
最近では「超音波治療」というものが高い注目を浴びているようです。
この「超音波治療」とは、どのようなものなのでしょうか?


「超音波治療法」とは、超音波を利用して、わきが臭の発生源である
アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を破砕(こなごなにすること)し、取り除く方法です。
超音波の持つエネルギーと方向性(反射波により目標物の形をとらえる性質)を、
「皮下組織吸引法」にプラスして、わきが治療の効果を飛躍的に高めたものです。
その結果、皮下組織吸引法の大きな問題点だった「汗腺や皮脂腺除去の不完全さ」や
「皮膚や他の組織にダメージを与えてしまう」といった点が解決されます。


また、以下のような特長があります。

・確かな効果がある
・切開痕が目立たない
・痛みの心配がない
・短時間で終わる
・後遺症の心配がない
・ワキ毛を残すか残さないか選択できる

このように、理想の手術法の6つのポイントをすべて満たす治療法がのようです。


この手術法の最大の利点は、超音波がアポクリン汗腺、エクリン汗腺、
皮脂腺だけをしっかり破砕し、神経や血管などの他の組織は傷つけないことです。


詳細は、医師などに相談してみるといいでしょう。
カテゴリ:わきがの超音波治療

ブックマーク by SEO対策

わきが治療には保険が適用されるの?




わきが治療を検討している人にとって気になるのが、
「わきが治療には保険が適用されるの?」
というところでしょう。
今回は、わきが治療に保険が適用されるのかを見ていきましょう。


わきが(わきが・腋臭症・多汗症)の保険適用について調べてみました。
わきがの治療・手術は健康保険は適用にならないと思われる方も多いかもしれません。
皮膚科の治療において、健康保険の適用となる範囲とならない範囲の違いは、
治療目的であるか美容のためかという点で大きく分けられています。
この治療というところがポイントです。


本人としては美容目的であっても、治療ということであれば、
昔と違って、さまざまな治療に保険を適用できるケースが増えてきました。
たとえば、ほくろやアザ除去手術や、わきがの手術でも保険適用となるケースがあります。
わきがの治療・手術は基本的に健康保険が認められていますよ。


実際にわきがは「腋臭症」という病気と認められ健康保険の利用が可能な疾患として扱われます。
保険証にはプライバシーは守られますので、健康保険は安心して使用できます。
ただ基本的に現在、わきがの手術で保険が適用となるのは
直視下剪法と呼ばれる手術方法だけのようです。
わきがの治療期間としては、美容整形外科など保険医療指定機関でないところが多いんです。
事前に自己負担の少ない健康保険証が利用できる病院などを確認しておきましょう。
美容整形外科クリニックなど、健康保険が適用されない医療機関ではもちろんですが、
全額自費、全額自己負担になります。
ボトックスによるわきが治療は、現在のところ健康保険が適用されません。


お近くのクリニックに電話して保険が適用できるかをチェックすれば、
問題ないでしょう。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策は?




わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策方法は様々です。
今回は色々な治療方法などを見ていきましょう。


現代にはわきがや多汗症の治療法がいくつかあります。
治療方法はクリニックにより様々です。
ここでは、代表的な手術法とそれぞれの特長をメリット・デメリット含めて紹介します。


・吸引法
ワキの下の皮膚を5mm〜1cm程度切開し、そこから細い管を挿入してアポクリン汗腺や
エクリン汗腺を吸収する方法。
術後の治りも早く、傷は目立ちません。臭いの他、多汗症も軽減されます。
せん除法に比べて手軽で、安静期間も短いです。
しかし、重度のわきがには効果は低く、軽度の方に適した方法です。


・せん除法・切開法
せん除法は、わきがの臭いの原因であるアポクリン腺をはさみのようなもので
一つ一つ切り取っていく方法です。
アクポリン腺の取り残しがなく、再発の心配が最も少ない治療法です。
しかし、吸引法に比べて傷が大きく、術後はしばらく安静にしておく必要があります。
また、色素沈着が起こる場合があるようです。
この際、徹底的に治したという方や、症状の重い方には適した方法といえますが、
術後十分な安静期間が必要なため、仕事が休めないという方にはあまりおススメできません。


・超音波式
ワキの下の皮膚から超音波を発振する管をいれ、汗や臭いの原因となる
アクポリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、吸引機で吸い取る方法です。
血管や神経を避けて汗腺を吸収のみを吸収するので、傷は約1cm〜2cm程度で出血も少なく、
吸引法より効果は期待できます。
また安静期間も比較的短いです。
しかし長時間超音波を当てると、やけどを起こすため、
長時間の治療はできません。また、再発があることもあり、
完全に臭いをけすのは難しいとされています。


・レーザー法
レーザー法は、1ミリ程度の細い器具をワキにさし、
アクポリン腺やエクリン腺に内側から直接レーザーを照射して燃焼させる方法です。
メスを使わないため、傷跡が残らないのがメリットです。
しかし、重度のわきがにはあまり効果はないようです。治療時間は短く、
翌日から仕事が可能。多汗症にも効果あり。


・ボトックスの注入
ボトックスは、たんぱく質の一種で、人体に無害な物質です。
交感神経の働きを弱める作用があり、汗腺を一時的に麻痺させる作用があります。
そのため、わきの下に注入することでエクリン腺やアクポリン腺の活動を抑え、
汗の量を減少させることが出来ます。個人差はあるようですが、
一度の注入で数ヶ月から半年間の効果があるようです。手術による方法に比べ、
身体への負担も少なく、施術したその日から入浴や運動も可能ということです。
手術には抵抗がある方や、汗をかきやすい時期だけなんとかしたいという方に適しています。
しかし永久的な治療ではないので、高根本的に治したい方は手術による方法のほうが良いでしょう。


・クリームやスプレーによるケア
最近のクリームやスプレーには、かなりの効果を発揮するものもあるようです。
そこまで臭いの酷くない方なら、まずはクリームやスプレーなどを
利用してみることをおススメします。


詳しいことは、医師などに相談してみて下さい。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の薬について




一口にわきが治療といっても、かなり多くの種類が存在します。
今回は、薬を使ったわきが治療などをご紹介します。


現在社会においてわきがで悩んでいる人は大勢いるでしょう。
家庭の中で、会社の対人関係で、大衆の一人として自分のわきがが周りの人に
迷惑をかけているのではと心配していませんか。


動物的にはフェロモンの働きをしますが現在社会においてはわきがの臭いは嫌われます。
ではわきがの人はどうすればいいのでしょうか
答えとしてはその臭いを消す為にわきが治療を施せばいいのです。
簡単です。


まず軽度の場合です。
わきが治療には制汗剤を脇の下に塗布します。
有名な薬に「アンティパースパイラントデオドラントロールオン」や
「オドレミン」などがあります。
副作用の点で最も安心な「ミョウバン水」もポピュラーな薬です。


自分自身ではわきがは臭いません。
かなりの人がわきがである事に気が付かないのです。
周りの、人の自分に対する反応、他人の指摘から分かる場合が多いのです。


わきが治療において制汗剤やデオドラント剤、
ミョウバン水などは臭いを無くすと言うよりは臭いを抑える働きをします。


では臭いを無くすにはどうすればいいのでしょうか。
そうです。やっと手術の出番ですね。
手術では完治する確率が高いです。欠点としては治療費が高額です。
が、探せば保険適用の病院もあります。
手術を受ける前にその病院の評判を調べておきましょう。
また手術痕が残ります。わきがの超音波治療は30分くらいで手術が終わり
日帰りでわきが治療ができますので、その点ではお勧めです。


手術や薬の詳細は、医師などに相談してください。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

水虫治療・わきが治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」




今回は、水虫治療・わきが治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」のご紹介です。


UVエミッターのサイトによると、

(引用ここから)

水虫・わきがで、人知れずお悩みではありませんか?
ご家庭でお手軽に水虫治療・わきが治療ができます。
紫外線治療器 UVエミッターは、ご家庭でお手軽に水虫やわきがの軽減に
お使いいただける紫外線治療器です。
1日わずか1〜5分程度、足やワキに照射するだけで効果のある、操作が簡単な治療器です。

嫌な思いをする水虫やわきがは自宅で密かに治したいものです。
UVエミッターは、殺菌効果の高い波長254ナノメータの紫外線を患部に照射する商品です。
水虫の原因となる白癬菌やわきがの原因となる雑菌にこの紫外線を直接照射するため、
不快な症状を早く和らげてくれます。UVエミッターはハンディタイプですから、
患部に向けて照射しやすく、手軽に操作できるのも特長で、
体の他の部位への日焼けやシミの心配もありません。

紫外線の殺菌効果について

紫外線の中で、UVエミッターが照射する254ナノメータ波長の出力は、
いろいろな菌やウィルスに対し強い殺菌効果を発揮します。

(引用ここまで)


といったわけで、紫外線を照射して治療する器具のようですね。
わきがだけでなく、水虫にも効くようですし、お買い得な商品かもしれません。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療には保険適用外になる例も・・・。



わきが治療を希望する人にとって気になるのが、治療にかかる費用ですよね。
健康保険が使えれば、負担額が減るのでありがたいのですが、
はたして保険は使えるのでしょうか?


実は、わきがの手術は保険診療上は腋臭症手術という項目に当てはまり、
保険診療できることが定められています。
しかし、特殊な機器・方法を用いたりすると、材料費・手間が余計にかかるため自費診療を
求めることも多いので、全てが該当するわけではありません。


保険適応できない手術方法もあります。
稲葉法やクアドラカット法(アクティブサクション法)、
超音波剪除などは保険適応できないでしょう。
保険の手術の場合は皮下組織剪除法という方法を用いています。
非常に確実で、形成外科医の間では主流の手術方法です。
保険上は皮弁法という分類になります。
剪除法が保険適応外ということは言えません。
大学病院で剪除法を行っても保険を用います。
ではなぜ保険が使えないのでしょうか。
これはその手間や時間を考えると、保険外では収益が出ないからです。


クリニックとして経営するためには保険適応では無理です。
大学病院などはここまで考えなくて済みますから保険適応で手術できます
もちろん医師の腕はまちまちですし、場合により美容外科を斡旋することもあるようです。


お近くのクリニックで保険が使えるかどうかは、
電話をしたりして問い合わせると確実でしょう。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の料金の目安は?



わきが治療といえば、いろいろな器具などを使いますから、
結構高いというイメージがありますよね。
今回は、わきが治療の料金の目安について見ていきたいと思います。


結論から言ってしまえば、
保険が適用されれば、3〜5万円。
保険適用外なら・・・施術方法にもよりますが、
上限40万円くらいじゃないでしょうか。


そうなると・・・
「何が保険適用で、何が保険適用外なのか」
って話になりますよね。


どうやらこれが単純ではない。


同じ施術方法でもクリニック・病院によって異なるらしいんです。
特によく聞くのが、
大学病院と一般のクリニックの違い。


クリニックなら適用外の施術方法でも、
大学病院なら保険が適用されるケースが多いんだとか。


そういう話を聞くと、
経営に余裕のある(資力のある)ところの方が、
保険適用範囲が大きいという面もあるのかもしれません。


ただ、一般的な切開法によるわきが治療はほとんどの場合、
保険が適用されるはずです。
そうすると5万円以下で何とかなるんですよね。
その金額でわきがが治るなら、かなり安いと思いませんか?
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。