多汗症が原因のわきが治療法とは?




わきがの原因は様々ですが、多汗症が原因のケースがかなり多いようです。
今回は、わきがの基本情報や、治療法などについてご紹介します。


わきがは、別名「臭汗症【しゅうかんしょう】」「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれている、
特別強いニオイ(すえたような酸っぱいニオイ)を発する症状ですが、
決して病気ではありません。アポクリン汗腺の量が通常よりも多く、働きが活発なために起こります。
わきがはアポクリン汗から発生するニオイで、多汗はエクリン汗が大量に放出される症状を指します。
いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものであり、わきがのニオイとは別物です。


わきがは多汗症が原因で発生するケースが多いようです。
多汗症を大別すると、わきが型と精神性発汗型の2種類があります。
わきが型多汗症の場合は、ニオイと汗の両方が気になるケースや、
ニオイはさほど気にならなくても、わきの下から汗がダラダラと滝のように流れたり、
下着や洋服のわき部分が黄ばんだり、汗じみが気になるなどのケースがあります。


暑いときや運動したときに大量の汗をかく、いわゆる「汗かき」は、
生理的多汗であって、多汗症ではありません。
精神性発汗型多汗症は、主に不安や緊張から大量の汗を一度にどっとかく症状で、
わきの下だけでなく、手のひら、足の裏、顔などに局所的に発症します。
手足の多汗症治療法には、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用、
緊張をほぐして気持ちを鎮めるための心理的療法などがあります。
ほかにも、内科系疾患に起因する多汗症や、更年期障害におけるホットフラッシュ
(のぼせ)によって起こる多汗症(ホルモンバランスの崩れから自律神経の働きが乱れ、
体温調節機能がうまくいかなくなる)があります。


多汗症の治療は、マイクロレーザー法などが有名です。
詳しくは医師などに相談してみるといいでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。