わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策は?




わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策方法は様々です。
今回は色々な治療方法などを見ていきましょう。


現代にはわきがや多汗症の治療法がいくつかあります。
治療方法はクリニックにより様々です。
ここでは、代表的な手術法とそれぞれの特長をメリット・デメリット含めて紹介します。


・吸引法
ワキの下の皮膚を5mm〜1cm程度切開し、そこから細い管を挿入してアポクリン汗腺や
エクリン汗腺を吸収する方法。
術後の治りも早く、傷は目立ちません。臭いの他、多汗症も軽減されます。
せん除法に比べて手軽で、安静期間も短いです。
しかし、重度のわきがには効果は低く、軽度の方に適した方法です。


・せん除法・切開法
せん除法は、わきがの臭いの原因であるアポクリン腺をはさみのようなもので
一つ一つ切り取っていく方法です。
アクポリン腺の取り残しがなく、再発の心配が最も少ない治療法です。
しかし、吸引法に比べて傷が大きく、術後はしばらく安静にしておく必要があります。
また、色素沈着が起こる場合があるようです。
この際、徹底的に治したという方や、症状の重い方には適した方法といえますが、
術後十分な安静期間が必要なため、仕事が休めないという方にはあまりおススメできません。


・超音波式
ワキの下の皮膚から超音波を発振する管をいれ、汗や臭いの原因となる
アクポリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、吸引機で吸い取る方法です。
血管や神経を避けて汗腺を吸収のみを吸収するので、傷は約1cm〜2cm程度で出血も少なく、
吸引法より効果は期待できます。
また安静期間も比較的短いです。
しかし長時間超音波を当てると、やけどを起こすため、
長時間の治療はできません。また、再発があることもあり、
完全に臭いをけすのは難しいとされています。


・レーザー法
レーザー法は、1ミリ程度の細い器具をワキにさし、
アクポリン腺やエクリン腺に内側から直接レーザーを照射して燃焼させる方法です。
メスを使わないため、傷跡が残らないのがメリットです。
しかし、重度のわきがにはあまり効果はないようです。治療時間は短く、
翌日から仕事が可能。多汗症にも効果あり。


・ボトックスの注入
ボトックスは、たんぱく質の一種で、人体に無害な物質です。
交感神経の働きを弱める作用があり、汗腺を一時的に麻痺させる作用があります。
そのため、わきの下に注入することでエクリン腺やアクポリン腺の活動を抑え、
汗の量を減少させることが出来ます。個人差はあるようですが、
一度の注入で数ヶ月から半年間の効果があるようです。手術による方法に比べ、
身体への負担も少なく、施術したその日から入浴や運動も可能ということです。
手術には抵抗がある方や、汗をかきやすい時期だけなんとかしたいという方に適しています。
しかし永久的な治療ではないので、高根本的に治したい方は手術による方法のほうが良いでしょう。


・クリームやスプレーによるケア
最近のクリームやスプレーには、かなりの効果を発揮するものもあるようです。
そこまで臭いの酷くない方なら、まずはクリームやスプレーなどを
利用してみることをおススメします。


詳しいことは、医師などに相談してみて下さい。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。