わきが治療の基本


わきがに悩んでいる人は少なくありません。
今回はわきが治療のためのわきがの基本情報についてご紹介します。


「わきが」と聞いて、皆さんどの様に感じるでしょうか?
わきがとは、ワキの下の汗が大きな原因になって発生する不快臭のことなのです。
しかし、わきがは自分では気づかないものです。
これによって知らない間に他人に迷惑をかけてしまうこともあります。
また、現代ではわきがによって他人に迷惑をかけてしまうことよりも、
他人に意識されているのではないかと自分で必要以上に意識してしまったり、
それによって悩んでしまう方も多くいるでしょう。


わきがなどニオイの悩みがあると、憂鬱になってしまったり、
先ほども述べているようにコンプレックスと感じる方もいるでしょう。
また、多汗症においても、大量に汗をかいてしまうことや、
それが原因で起こる汗臭さ・黄バミなどで悩んでいる人は少なくありません。
わきがとは現代人特有の悩みではないでしょうか?


ネット上には色々なわきが治療のための情報が掲載されています。
まずは、自分で色々と調べ、色々と実行してみるといいでしょう。
病は気からといいますし、思い悩むのは体に良くありません。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の薬について




一口にわきが治療といっても、かなり多くの種類が存在します。
今回は、薬を使ったわきが治療などをご紹介します。


現在社会においてわきがで悩んでいる人は大勢いるでしょう。
家庭の中で、会社の対人関係で、大衆の一人として自分のわきがが周りの人に
迷惑をかけているのではと心配していませんか。


動物的にはフェロモンの働きをしますが現在社会においてはわきがの臭いは嫌われます。
ではわきがの人はどうすればいいのでしょうか
答えとしてはその臭いを消す為にわきが治療を施せばいいのです。
簡単です。


まず軽度の場合です。
わきが治療には制汗剤を脇の下に塗布します。
有名な薬に「アンティパースパイラントデオドラントロールオン」や
「オドレミン」などがあります。
副作用の点で最も安心な「ミョウバン水」もポピュラーな薬です。


自分自身ではわきがは臭いません。
かなりの人がわきがである事に気が付かないのです。
周りの、人の自分に対する反応、他人の指摘から分かる場合が多いのです。


わきが治療において制汗剤やデオドラント剤、
ミョウバン水などは臭いを無くすと言うよりは臭いを抑える働きをします。


では臭いを無くすにはどうすればいいのでしょうか。
そうです。やっと手術の出番ですね。
手術では完治する確率が高いです。欠点としては治療費が高額です。
が、探せば保険適用の病院もあります。
手術を受ける前にその病院の評判を調べておきましょう。
また手術痕が残ります。わきがの超音波治療は30分くらいで手術が終わり
日帰りでわきが治療ができますので、その点ではお勧めです。


手術や薬の詳細は、医師などに相談してください。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

水虫治療・わきが治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」




今回は、水虫治療・わきが治療、家庭でできる紫外線治療器「UVエミッター」のご紹介です。


UVエミッターのサイトによると、

(引用ここから)

水虫・わきがで、人知れずお悩みではありませんか?
ご家庭でお手軽に水虫治療・わきが治療ができます。
紫外線治療器 UVエミッターは、ご家庭でお手軽に水虫やわきがの軽減に
お使いいただける紫外線治療器です。
1日わずか1〜5分程度、足やワキに照射するだけで効果のある、操作が簡単な治療器です。

嫌な思いをする水虫やわきがは自宅で密かに治したいものです。
UVエミッターは、殺菌効果の高い波長254ナノメータの紫外線を患部に照射する商品です。
水虫の原因となる白癬菌やわきがの原因となる雑菌にこの紫外線を直接照射するため、
不快な症状を早く和らげてくれます。UVエミッターはハンディタイプですから、
患部に向けて照射しやすく、手軽に操作できるのも特長で、
体の他の部位への日焼けやシミの心配もありません。

紫外線の殺菌効果について

紫外線の中で、UVエミッターが照射する254ナノメータ波長の出力は、
いろいろな菌やウィルスに対し強い殺菌効果を発揮します。

(引用ここまで)


といったわけで、紫外線を照射して治療する器具のようですね。
わきがだけでなく、水虫にも効くようですし、お買い得な商品かもしれません。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の最新情報




技術の進歩でいろいろなテクノロジーが誕生しているのは言うまでもありませんが、
わきが治療も例外ではありません。
今回は、わきが治療の最新情報をご紹介します。


まず最初は「マイクロレーザー法」です。
マイクロレーザーの先端部は(直径1mm)。
従来の器具に比較するとその細さは驚異的です。
マイクロレーザー法はメスを使わないので、傷を残さず、仕事に支障が掛からない治療法です。
アポクリン腺とエクリン腺に直接レーザーを照射することによって燃焼させ、
臭いと汗の元をシャットアウト。
メスを使わず1ミリという極細ファイバーでアプローチするため、傷がのこらないのが特徴です。
また、わずか20分程度の手術の後はすぐに帰宅でき、翌日の仕事にも支障ありません。


次に「ボトックスによる制汗」。
ボトックスはタンパク質の一種で、交感神経の働きを弱める作用があるため、
わきの下に注入することでアポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動を抑制し、
結果として汗の分泌が抑えられます。
汗の分泌が減ることで、ニオイも軽減することができます。
汗腺を取り除くわけではないので、効果は永続的なものではありませんが、
約半年〜1年位の間は汗の量を抑えることが可能です。
効果の継続期間には個人差があります。
1回の治療時間は5分程なので日常生活に制限はありません。


その他にもいろいろなわきが治療法がありますが、
詳しいことは医師に相談すると良いでしょう。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

病院でわきが治療をする




重度のわきがの場合は、病院で診てもらうことになります。
しかし、最新の医療では、わきがを直す事は可能なので気楽に相談してみましょう。


まず、わきがを病院で手術する場合ですが、治療方法は必ずしもこの治療法という物はありません。
ただ正確に言うと、治療法が確立していないわけでも、完治しないわけでもありません。
症状やその人に合わせて手術を選べると言った感じでしょうか。


例えば、メスを使わない簡単なわきが治療として、ボトックスをワキの下に注入する方法があります。
手強いわきがを完治させるには、外科的手術(剪除法)が有効な方法です。
また、最近では超音波手術というものもあり、完全にわきがを治療してくれるものもあります。
その他にもマイクロリムーブと呼ばれるもの、 直視下スーパーカット法など、
各医療機関によって名称も異なり様々な方法が記載されています。


尚手術を行う事で完全にニオイがとれるものなのかどうかという点につきましては
その手術によってもまちまちです。
ボトックスなどは上記の中でも比較的楽に行えるのですが、
このわきが治療によって完全に治ることはほぼありません。


これは効果が半年〜1年くらいの期間で無くなってしまうからです。
外科的治療は反対に永久にわきが問題から解放されますが、必ずしも成功するとは限りません。
わきが超音波治療はまだまだ一般化されていない為、超音波治療が行えない病院がまだまだあります。
わきがの治療を受ける前には、一度医師と連絡を取り、
自分にあった治療を行ってもらえるかを確認した方がいいでしょう。


まずは、お近くのクリニックに電話などで問い合わせてみてください。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の方法とは?




わきがは直そうと思ってもなかなか直らない厄介なものですよね。
しかし、最近では医学の進歩などにより、効果的にわきがを治療する方法も出てきたようです。


ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)という
2種類の汗腺が関与しています。
アポクリン汗腺は主に体毛のある部位の皮下に多く分布し、
粘稠な汗を分泌して下着の黄ばみやわきがの鼻を突く臭いの原因となっています。
アポクリン汗腺から分泌される汗には、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、
アンモニア等が含まれ、乾燥した後ベトベトしたニカワ状に変化して独特の強烈な臭いを発します。


更に、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂分がまざると、
皮膚の表面の雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアに変化します。
そしてワカガ臭となるのです。


わきがを治療するには、このアポクリン汗腺を手術で取り除くしか方法がなく、
切除法、皮下組織削除法、皮下組織吸引法、超音波吸引法などがあります。
しかし、これらの方法では傷跡が残ったり、汗腺を完全に取り除けないなどの問題点があり、
どれも満足できるものではありませんでした。


しかし、現在では「吸引法+皮下組織削除法+高周波で分解」を行うトリプル・トリートメント法
というものがあります。
最初に吸引法として、わき毛の生え際のところに1センチくらいの小さな穴を開けて
細い管を通し、管の先の小さな穴からアポクリン汗腺を強力な吸引器で半分くらい吸いだします。


その他にも色々と方法がありますので、
詳しいことは医師に相談すると良いでしょう。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療法の種類を知る




意外と知られていないかもしれませんが、わきがの治療法も多岐に渡っています。
今回は、わきがの治療法の種類をご紹介します。


昔から行われている方法といえば「切除法」。
切除法はワキ毛の生えている部分に沿って、皮膚を皮下組織ごと
単に切り取り除いてしまうという方法です。
確かにわきがの原因となる汗腺類を根こそぎ取り除けますのでわきがを治すには確実でしょうが、
デメリットも多いです。
ワキの皮膚を切り取って縫い合わせるため、当然ワキの下自体に大きな傷跡が残ってしまいます。
さらに、ワキの引きつり、腕のむくみや運動障害などの後遺症が残る場合もあります。
したがって、現在ではほとんど行われていない方法と言われています。


また、新技術も色々と登場していて、代表的なのが「超音波法」でしょう。
超音波法は、わきがの原因の汗腺を手作業で取り除くのではなく、
超音波を利用して汗腺を破壊し、吸引するという方法です。
超音波法は現在のところ、数あるわきが手術の中で最先端の技術だけに、
傷跡、後遺症の心配、わきが治療の効果、時間の短縮と他の手術より優れた点が多いです。
両腕でも30分でわきが手術が終わるそうです。
ところが、最先端の技術のため、機器が高く、扱っているクリニックがまだ少ない。
費用も高くなる。
医師が慣れていないため、熱を1箇所にあてすぎてヤケドになるなどのデメリットもあります。
また患者さんに合った最適な出力・周波数というのもあり、
最も医師の技量が問われる方法とも言えます。


その他にも、脱毛用のレーザーを応用した治療法などもあります。
詳しいことは医師のカウンセリングを受けた時に聞くといいでしょう。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の手術を受ける場合のクリニック選び




重度のわきがに悩まされている方は、
場合によってはわきが治療の手術が必要な場合もあります。
しかし、手術するとなると健康保険を使っても3万円以上、
使わないとなると10万円以上かかってしまう手術ですから、
クリニックは慎重に選びたいものです。
今回は、わきが治療の手術を受ける場合のクリニック選びのポイントをご紹介します。


わきが手術を受けると決めた場合、もっとも大切なのは、
どこのクリニック(医療機関)で受けるかどうかです。
しかしこればかりは自分で探し、判断し、決めるしかありません。
他人の意見を参考にするのもいいかもしれませんが、
最終的には必ず自分で納得して、信頼できるクリニックを探しましょう。


クリニック選びのポイントは以下のようなものが挙げられます

・いくつかのクリニックでカウンセリングを受ける
・医師は信頼できそうか
・クリニック内は清潔か
・クリニック全体の雰囲気はいいか
・手術を押し付けてこないか
・他人の意見はあくまでも参考程度に
・広告だけで判断しない
・手術費だけで判断しない


また、手術する時だけでなく、手術後のアフターケアなども重要な要素です。
カウンセリングは無料で行ってくれますので、
納得いくまで相手の医師と話し合うと良いでしょう。
カテゴリ:わきが治療の方法

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。