多汗症が原因のわきが治療法とは?




わきがの原因は様々ですが、多汗症が原因のケースがかなり多いようです。
今回は、わきがの基本情報や、治療法などについてご紹介します。


わきがは、別名「臭汗症【しゅうかんしょう】」「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれている、
特別強いニオイ(すえたような酸っぱいニオイ)を発する症状ですが、
決して病気ではありません。アポクリン汗腺の量が通常よりも多く、働きが活発なために起こります。
わきがはアポクリン汗から発生するニオイで、多汗はエクリン汗が大量に放出される症状を指します。
いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものであり、わきがのニオイとは別物です。


わきがは多汗症が原因で発生するケースが多いようです。
多汗症を大別すると、わきが型と精神性発汗型の2種類があります。
わきが型多汗症の場合は、ニオイと汗の両方が気になるケースや、
ニオイはさほど気にならなくても、わきの下から汗がダラダラと滝のように流れたり、
下着や洋服のわき部分が黄ばんだり、汗じみが気になるなどのケースがあります。


暑いときや運動したときに大量の汗をかく、いわゆる「汗かき」は、
生理的多汗であって、多汗症ではありません。
精神性発汗型多汗症は、主に不安や緊張から大量の汗を一度にどっとかく症状で、
わきの下だけでなく、手のひら、足の裏、顔などに局所的に発症します。
手足の多汗症治療法には、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用、
緊張をほぐして気持ちを鎮めるための心理的療法などがあります。
ほかにも、内科系疾患に起因する多汗症や、更年期障害におけるホットフラッシュ
(のぼせ)によって起こる多汗症(ホルモンバランスの崩れから自律神経の働きが乱れ、
体温調節機能がうまくいかなくなる)があります。


多汗症の治療は、マイクロレーザー法などが有名です。
詳しくは医師などに相談してみるといいでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策は?




わきが(わきが、腋臭)や多汗症の治療や対策方法は様々です。
今回は色々な治療方法などを見ていきましょう。


現代にはわきがや多汗症の治療法がいくつかあります。
治療方法はクリニックにより様々です。
ここでは、代表的な手術法とそれぞれの特長をメリット・デメリット含めて紹介します。


・吸引法
ワキの下の皮膚を5mm〜1cm程度切開し、そこから細い管を挿入してアポクリン汗腺や
エクリン汗腺を吸収する方法。
術後の治りも早く、傷は目立ちません。臭いの他、多汗症も軽減されます。
せん除法に比べて手軽で、安静期間も短いです。
しかし、重度のわきがには効果は低く、軽度の方に適した方法です。


・せん除法・切開法
せん除法は、わきがの臭いの原因であるアポクリン腺をはさみのようなもので
一つ一つ切り取っていく方法です。
アクポリン腺の取り残しがなく、再発の心配が最も少ない治療法です。
しかし、吸引法に比べて傷が大きく、術後はしばらく安静にしておく必要があります。
また、色素沈着が起こる場合があるようです。
この際、徹底的に治したという方や、症状の重い方には適した方法といえますが、
術後十分な安静期間が必要なため、仕事が休めないという方にはあまりおススメできません。


・超音波式
ワキの下の皮膚から超音波を発振する管をいれ、汗や臭いの原因となる
アクポリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、吸引機で吸い取る方法です。
血管や神経を避けて汗腺を吸収のみを吸収するので、傷は約1cm〜2cm程度で出血も少なく、
吸引法より効果は期待できます。
また安静期間も比較的短いです。
しかし長時間超音波を当てると、やけどを起こすため、
長時間の治療はできません。また、再発があることもあり、
完全に臭いをけすのは難しいとされています。


・レーザー法
レーザー法は、1ミリ程度の細い器具をワキにさし、
アクポリン腺やエクリン腺に内側から直接レーザーを照射して燃焼させる方法です。
メスを使わないため、傷跡が残らないのがメリットです。
しかし、重度のわきがにはあまり効果はないようです。治療時間は短く、
翌日から仕事が可能。多汗症にも効果あり。


・ボトックスの注入
ボトックスは、たんぱく質の一種で、人体に無害な物質です。
交感神経の働きを弱める作用があり、汗腺を一時的に麻痺させる作用があります。
そのため、わきの下に注入することでエクリン腺やアクポリン腺の活動を抑え、
汗の量を減少させることが出来ます。個人差はあるようですが、
一度の注入で数ヶ月から半年間の効果があるようです。手術による方法に比べ、
身体への負担も少なく、施術したその日から入浴や運動も可能ということです。
手術には抵抗がある方や、汗をかきやすい時期だけなんとかしたいという方に適しています。
しかし永久的な治療ではないので、高根本的に治したい方は手術による方法のほうが良いでしょう。


・クリームやスプレーによるケア
最近のクリームやスプレーには、かなりの効果を発揮するものもあるようです。
そこまで臭いの酷くない方なら、まずはクリームやスプレーなどを
利用してみることをおススメします。


詳しいことは、医師などに相談してみて下さい。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

多汗症が原因のわきが治療情報サイトは?




わきがの原因は、多汗症が原因と言うことは結構有名ですよね。
わきが・多汗症などの症状も美容整形で治療することができます。
現在、わきがに悩む女性が増えつつあるといわれています。
これは食生活の欧米化や女性の社会進出など、
ライフスタイルの変化が原因の1つであるとされています。


自分の匂いに異常に敏感になって悩んでいる人は多く、
実際に病院を訪れて診察を受けると、ただ生理的に汗かきだったとか、
糖尿病など病気が原因で匂いを発生していたなどもあるそうです。
それでも体臭で悩んでいる人は、一度クリニックなどのカウンセリングを受けるとよいでしょう。
それぞれの症状に見合った治療がありますし、わきがは手術で治すことができます。


ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)という
2種類の汗腺が関与しています。
アポクリン汗腺は主に体毛のある部位の皮下に多く分布し、
粘稠な汗を分泌して下着の黄ばみやわきがの鼻を突く臭いの原因となっています。
アポクリン汗腺から分泌される汗には、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、
尿素、アンモニア等が含まれ、乾燥した後ベトベトしたニカワ状に変化して
独特の強烈な臭いを発します。


更に、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂分がまざると、
皮膚の表面の雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアに変化します。
そしてワカガ臭となるのです。


わきがを治療するには、このアポクリン汗腺を手術で取り除くしか方法がなく、
切除法、皮下組織削除法、皮下組織吸引法、超音波吸引法などがあります。
しかし、これらの方法では傷跡が残ったり、汗腺を完全に取り除けないなどの問題点があり、
どれも満足できるものではありませんでした。


しかし、クリニックのサイトなどをチェックしてみると、
マイクロレーザー法などの新技術が色々と出てきているようです。
詳しいことはクリニックに問い合わせてみるといいでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

わきが(わきが、腋臭)や多汗症は、どう対策や治療をすればいいの?




わきがの悩みというのはデリケートな悩みですから、
なかなか相談しにくいですよね。
今回は、わきが(わきが、腋臭)や多汗症は、どう対策や治療をすればいいのかを考えていきましょう。


わきがや多汗症は体質であって、病気ではありません。
従って、伝染することはありませんし、自分で気にならない人は治療はしません。
もし気になるのなら治療を検討するのも良いと思いますが、
いきなり手術とか考えず、先ずきちんとカウンセリングを受けることが大切です。
自分の体臭を気にしすぎているのかもしれませんし、単なる汗の臭いを
わきがと思い込んでいるのかもしれません。
感受性の問題や人間関係が原因で、臭いに対して過度に敏感になってしまう場合もあります。
もし、わきがだった場合、他人が感じる臭いはどの程度なのか、
対処法や治療について、自分の症状を客観的に捕らえ、
把握するために、医師などの意見を聞くようにしましょう。


最も簡単な対策といえば「ストレス解消」が挙げられます。
ストレスは、汗腺類の働きを活発化させることがあります。
ストレスを抑えたり、発散することによって、わきが(腋臭)を軽減させます。
食生活や睡眠時間など、規則正しい生活を心がけましょう。
問題はその日のうちに解決することによって、自律神経の働きを助け、ストレス解消になります。
リラックスできる時間を作りましょう。
友人との楽しいお酒やスポーツ、または何か趣味を持つことによって、ストレスを発散しましょう。


とはいっても、重度のわきがや多汗症の場合だと、ストレス解消だけでは対処できない事もあります。
そういった時は、やはり医師のカウンセリングなどを受けるべきでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

わきがや多汗症の治療をするには?




わきがなどはデリケートな問題ですから、
誰にも相談できずに悩んでいるという人も多いかもしれません。
今回は、わきがや多汗症の治療について考えてみましょう。


わきが型多汗では、患者さんがどのくらいニオイを気にしているのが、
治療法をきめるうえで大事な要素となります。
たとえば、ニオイが軽度なら、焼ミョウバンやホウ酸の粉末を
腋窩(ワキの下)に塗るだけで十分なこともありますし、
中等度までなら市販の制汗剤でも十分に対応可能です。
中等度のわきが体質で、汗よりもニオイが気になるなら「電気凝固法」も有効です。


しかし、汗と同時に、ニオイも気になる強度のわきが体質の人には、手術をおすすめします。
わきがによる多汗はアポクリン汗腺が原因なので、
適切な手術をすればアポクリン汗腺を100%取り除けるからです。
そうすれば、制汗効果はかなり大きなものになります。


個人差はありますが、明らかにわきが体質の人だと手術をすることによって、
7〜8割ほど汗を減らすことができます。
なかにはほとんど汗をかかなくなる人もいるくらいです。


詳しいことを知りたい方は、医師のカウンセリングを受けるといいでしょう。
カテゴリ:わきがと多汗症治療

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。