わきが治療には保険が適用されるの?




わきが治療を検討している人にとって気になるのが、
「わきが治療には保険が適用されるの?」
というところでしょう。
今回は、わきが治療に保険が適用されるのかを見ていきましょう。


わきが(わきが・腋臭症・多汗症)の保険適用について調べてみました。
わきがの治療・手術は健康保険は適用にならないと思われる方も多いかもしれません。
皮膚科の治療において、健康保険の適用となる範囲とならない範囲の違いは、
治療目的であるか美容のためかという点で大きく分けられています。
この治療というところがポイントです。


本人としては美容目的であっても、治療ということであれば、
昔と違って、さまざまな治療に保険を適用できるケースが増えてきました。
たとえば、ほくろやアザ除去手術や、わきがの手術でも保険適用となるケースがあります。
わきがの治療・手術は基本的に健康保険が認められていますよ。


実際にわきがは「腋臭症」という病気と認められ健康保険の利用が可能な疾患として扱われます。
保険証にはプライバシーは守られますので、健康保険は安心して使用できます。
ただ基本的に現在、わきがの手術で保険が適用となるのは
直視下剪法と呼ばれる手術方法だけのようです。
わきがの治療期間としては、美容整形外科など保険医療指定機関でないところが多いんです。
事前に自己負担の少ない健康保険証が利用できる病院などを確認しておきましょう。
美容整形外科クリニックなど、健康保険が適用されない医療機関ではもちろんですが、
全額自費、全額自己負担になります。
ボトックスによるわきが治療は、現在のところ健康保険が適用されません。


お近くのクリニックに電話して保険が適用できるかをチェックすれば、
問題ないでしょう。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療には保険適用外になる例も・・・。



わきが治療を希望する人にとって気になるのが、治療にかかる費用ですよね。
健康保険が使えれば、負担額が減るのでありがたいのですが、
はたして保険は使えるのでしょうか?


実は、わきがの手術は保険診療上は腋臭症手術という項目に当てはまり、
保険診療できることが定められています。
しかし、特殊な機器・方法を用いたりすると、材料費・手間が余計にかかるため自費診療を
求めることも多いので、全てが該当するわけではありません。


保険適応できない手術方法もあります。
稲葉法やクアドラカット法(アクティブサクション法)、
超音波剪除などは保険適応できないでしょう。
保険の手術の場合は皮下組織剪除法という方法を用いています。
非常に確実で、形成外科医の間では主流の手術方法です。
保険上は皮弁法という分類になります。
剪除法が保険適応外ということは言えません。
大学病院で剪除法を行っても保険を用います。
ではなぜ保険が使えないのでしょうか。
これはその手間や時間を考えると、保険外では収益が出ないからです。


クリニックとして経営するためには保険適応では無理です。
大学病院などはここまで考えなくて済みますから保険適応で手術できます
もちろん医師の腕はまちまちですし、場合により美容外科を斡旋することもあるようです。


お近くのクリニックで保険が使えるかどうかは、
電話をしたりして問い合わせると確実でしょう。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療の料金の目安は?



わきが治療といえば、いろいろな器具などを使いますから、
結構高いというイメージがありますよね。
今回は、わきが治療の料金の目安について見ていきたいと思います。


結論から言ってしまえば、
保険が適用されれば、3〜5万円。
保険適用外なら・・・施術方法にもよりますが、
上限40万円くらいじゃないでしょうか。


そうなると・・・
「何が保険適用で、何が保険適用外なのか」
って話になりますよね。


どうやらこれが単純ではない。


同じ施術方法でもクリニック・病院によって異なるらしいんです。
特によく聞くのが、
大学病院と一般のクリニックの違い。


クリニックなら適用外の施術方法でも、
大学病院なら保険が適用されるケースが多いんだとか。


そういう話を聞くと、
経営に余裕のある(資力のある)ところの方が、
保険適用範囲が大きいという面もあるのかもしれません。


ただ、一般的な切開法によるわきが治療はほとんどの場合、
保険が適用されるはずです。
そうすると5万円以下で何とかなるんですよね。
その金額でわきがが治るなら、かなり安いと思いませんか?
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療に保健(保険)は使えるの?




健康保険といえば、病院で治療を受けた時などに、
治療費の自己負担額を引き下げてくれるものですよね。
しかし、わきが治療に保健(保険)は使えるのでしょうか?
今回は、わきが治療に保健(保険)は使えるのかをご紹介します。


実は、クリニックと手術方法によっては、保険適応可能なんです。
わきがの手術は保険診療上は腋臭症手術という項目に当てはまり、
保険診療できることが定められています。
保険適応できない手術方法もあります。
稲葉法やクアドラカット法(アクティブサクション法)、超音波剪除などは保険適応できないでしょう。
と思っていましたら、超音波吸引法保険適応との情報が・・・
大阪のJSクリニック興味のある方は確認して下さい。


保険の手術の場合は皮下組織剪除法という方法を用いています。
保険上は皮弁法という分類になります。
費用は保険で行う場合は、両脇で5万円以下が多いようです。
ちなみに、特殊な機械を使う保険外の方法の場合は20〜40万程度でしょう。


なお、わきが手術で有名な五味クリニックは、剪除法ですが保険が適用できません。
どうやら、保険を適用してしまうと患者が増えすぎて、
きめ細かいサポートができなくなるのが原因とか。
クリニックによって、色々な事情があるようですね。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療って、どのぐらい費用がかかるの?




クリニックなどで、わきが治療の手術をすれば、わきがや多汗症が治り、
しかも、ほぼ再発の心配もないようですが、気になるのが費用ですよね。
わきが治療って、どのぐらい費用がかかるものなのでしょうか?


わきがの治療の方法は様々であり、またクリニック毎によっても色々と違いがあります。
高いところですと、わきが治療の最先端である吸引法(超音波法)+高周波法を提供している
美容整形クリニックの場合は、費用は両ワキで約400,000円程度かかるようです。
この美容整形クリニックではわきが・多汗の両方とも気になる場合、
範囲の広い場合や、他院の再手術、程度の強い場合でも、一律この費用で行っているようです。
安いところですと、健康保険を適用すれば3万円程度というところもあります。


美容整形クリニックによってかなりの差がありますので、
あくまで目安として捉えていただければと思います。
費用としては決して安くはありませんので、美容整形クリニックによっては、
分割払いの対応もできるところがあります。
一気に支払うのがきつい場合は、分割という手も有効に利用することができます。


いずれにしても、この費用で今までの悩みから解放されると思えば、
決して高くない値段なのかもしれませんね。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

わきが治療には保険が適応される?


わきが治療を考えている人にとって気になるのが治療費ですよね。
決して安くはないわきが治療の手術では、健康保険が適応されるのでしょうか?


クリニックによりますが、わきが治療に保険を使う事は可能なんです。
例えば、AYC銀座形成外科のサイトには
以下のように書かれています。


(引用ここから)


当院では健康保険証を使用して わきが の治療を受けることができます。
わきが の手術費用は、両脇で、3万円台(3割負担の場合)です。


別の病院で、わきが 手術の適応はないと言われ諦めていた方も、一度ご相談ください。
他院でわきが・多汗症の手術を受けた方の再手術も行っています。


(引用ここまで)


保険を使えば3万円台で治療を受けられるとの事で、
これはわきがで悩む人にとってはうれしいですよね。


ちょっと前まで、私はわきが治療は完全に保険適用だと思っていましたが、
クリニックによってはダメなところもあると知って、驚きました。
どうかんがえても予防的なものではなく、医療行為にあたると思ってましたので。
・・・美容目的だと判断される場合もあるってことなのでしょうか?


施術を受けようとしているクリニックには、
事前に電話などで問い合わせておくと確実でしょう。


よほど経済的に恵まれている人以外は、
健康保険が適用されるか否かは、とても大きなポイントになるはずです。
必ず確認するようにしましょうね。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

医療機関でわきが治療をすると、保険は適用されるの?



わきが治療の手術をする時に気になるのが、なんといっても手術料金。
決して安い料金ではないので保険が使えるかは気になるところですよね。
医療機関でわきが治療をすると、保険は適用されるでしょうか?


医療機関の場合は、ありがたい事に保険が適用され、自己負担額が減るので、
それほど費用がかからずにわきが治療の手術ができるようです。


一般的には・・・
イボ・アザ・ホクロ・わきが・陥没乳頭治療などには健康保険が適用されます。


医療機関は健康保険が適用されるものには健康保険を使いますし、
保険範囲内外の「治療の選択」は、本人ができるようになっています。


治療を行ってから、「実は保険適用外でした」なんてことは、
今のご時世、ほとんどないと思いますが、
万が一、保険の適用ウンヌンについて何の説明もない場合は、
十分に確認しておいた方が無難でしょう。


なお、わきがの臭いはなく、
「多汗症」による大量の汗でお悩みの方には、
ボトックスによる多汗症治療があります。
わきが治療のような手術は必要なく、
注射のみで多汗症を緩和することができるんですが、
これは健康保険の適用外になるはずです。
カテゴリ:わきが治療の費用と保険

ブックマーク by SEO対策

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。